【あんスタイベまとめ】怪盗VS探偵イベのストーリーネタバレ(前編)


2015年12月31日〜2016年1月10日まで開催していたイベント『対決!華麗なる怪盗VS探偵団』



このイベのメインは『Ra*bits』と『Knights』。


新しく、夢ノ咲学院に『S3』のドリフェスランクが新設される事に。

ランク的には、校内限定ではあるものの、
大規模な『S2』と新人戦の『A1』の中間位で、
内容は自由で、開催回数制限もなく、
申請して許可が下りれば、いつでも開催できる手軽なドリフェス。

内容は自由であるものの、非公式な『B1』にとって代わるドリフェスとして期待されています。


『S3』新設に伴い、プロディーサーである主人公は大忙し。

そんな時、『Ra*bits』の真白友也がダイイングメッセージを残して倒れている所を発見した『Ra*bits』は大慌て。

どうやら日々樹渉の無茶のせいで、過労で倒れてしまったみたい。

『Ra*bits』の面々は、友也の心配をしつつも、『Knights』との合同ドリフェスを行います。

『Knights』は本来個人主義で、他のユニットと組む事は珍しいのですが、1年生中心に構成された『Ra*bits』を鍛える為に、リーダーの仁兎なずなが頼み込む形で実現。

合同と言いつつも、メインは『Knights』で、『Ra*bits』はバックダンサー。

『Knights』が怪盗役、『Ra*bits』が探偵役で、
『Knights』の歌の歌詞に隠された謎を解き明かし、
盗品を見つける事ができれば、ライブのメインを代わって貰えるシステムです。

この合同ライブは7日間連続で行われます。


歌の謎を考えたのは、瀬名泉。

その内容は『Knights』のメンバーですら意地悪だというもの。

案の定、『Ra*bits』謎の解明に苦戦。

途中、友也が復帰し、なずなが用事があると言って離脱。




自分は普通で取り柄がない事が悩みの友也ですが、
それでも出来る限りの事をしようと決意を固めで頑張ります。

そんな時、友也が苦手とする日々樹渉が、なぜか今回のドリフェスのチラシをばらまいている現場を目撃。

日々樹は自分のせいで友也が体調を壊した事を反省し、今回は珍しく裏方に回っているみたい。

日々樹は、自分は普通の人間の限界が分からないので、また友也を傷つけては困ると、自ら距離をとります。

あれほど日々樹を苦手としていたはずなのに、なぜか寂しく感じてしまう友也。

若干上の空でレッスンをしていたところに、鳴上嵐が盗品を隠すついでに、『Ra*bits』のメンバーを呼びに来ます。

どうせなら盗品を隠される前に、奪ってしまった方が早いと言い出した天満光が発端で、追いかけっこが開始。

クタクタになる嵐ですが、盗品は追いかけっこの途中にしっかり隠したと宣言し、『Ra*bits』の面々にヒントだと言って、激励をくれます。


ですが、実はヒントなんてものは嵐の嘘。

『Ra*bits』を育てる為には、敢えて悪者になって鍛えてあげる事も必要だと、嵐は悪者になる覚悟で、探偵達の推理をかく乱させます。

泉も同じ狙いで、あえて意地悪な謎を歌に込めたようです。

ですが、友也率いる『Ra*bits』達は、見事嵐の嘘を見破り、『Knights』がライブ中の講堂にやってきます。

盗品は、灯台元暗しで、講堂に隠されていると推理する『Ra*bits』

歌の謎を解明すると、校内で同時に開催中の別のドリフェスにたどり着き、そこのライブ中の曲に新たな謎が隠されていて、さらに別のドリフェスでまた新たな謎が…

といった様子で、講堂以外の場所をぐるぐる回る構成になっていました。

なので、必然的に講堂には近づかなくなるので、盗品も見つからないというトリック。


見事に正解した『Ra*bits』は晴れて、『Knights』と交代し、ステージのメインでのライブをする事ができました。

ライブ終了後、講堂に残って居残り練習をする友也。

そこに裏方として、設営の片づけにきた日々樹が現れます。

なおも友也と距離を取ろうとする日々樹でしたが、友也との会話の中で、自分の過去について語り始めます。

なかなかヘビーな内容で、日々樹は真実かどうか濁しますが、限りなく本当っぽいです。

日々樹は、普通である事の難しさと、自分から逃げなかった友也を励まし、友也は自分を見放さないでくれと言い、2人は和解するのでした。





posted by あんスタ攻略 at 20:41 | 怪盗VS探偵イベネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事