【あんスタ】怪盗イベで明らかになった日々樹渉の過去とは?


怪盗イベで日々樹の過去が明らかになりましたね。



まだまだ辛い過去がありそうですが、今回は『エピローグA』にて明かされた日々樹の過去がなかなかに切なかったので、ご紹介します。


<日々樹の過去>

自分は普通だから、自分の努力なんて無駄に見えるのだろうと、後ろ向きな事を言う友也に対し、日々樹は雑談ついでだと言いながら、昔話を始めます。


始まりは『昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが〜』とよくある童話風にスタート。


おじいさんとおばあさんはある日、男の子を拾いました。

その男の子は日々樹渉と名付けられました。

日々樹は育ての親を心から愛し、拾って育ててもらった恩返しがしたいと思い、歌ったり踊ったりして、みんなを喜ばせました。

手品もして、声帯模写も披露。

みんな大変喜び、日々樹を偉い、天才だと褒めてくれました。




恩に報いる為、みんなを喜ばす事に、日々樹は夢中になって、次から次へと芸を覚えては披露するを繰り返していました。


ですが、日々樹は天才でも、周囲はそうではない。


『普通』の人は飽きっぽく、もっともっとと、より優れた芸を求めてきました。

日々樹は努力を重ね、みんなを喜ばせるべく、次から次へと新しい芸を習得する毎日を送ります。


そんな状況でも、日々樹は幸せで、ある言葉を聞くまでは薔薇色の人生だと思っていました。


ある日、日々樹がいつものように素晴らしい芸を披露するものの、みんな喜んでくれません。
むしろ、『高尚過ぎて、理解できない』と文句を言われてしまったのです。

hibiki.png

このオチを日々樹は笑い話だと言って、笑い飛ばしてますが…その頬には涙が伝っています。

今まで、意味不明の変人だとばっかり思ってて、ホントごめん。


そんな辛い過去をあっても、なおも人を喜ばせようと思えるってすごい事だと思います。
ちょっと日々樹の見る目が変わるエピソードですね。





posted by あんスタ攻略 at 21:50 | 日々樹渉


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事