【あんスタイベ】「剣戟!月光浪漫の歌劇」イベのストーリーネタバレ<前編>


2016年1月15日より開催の『剣戟!月光浪漫の歌劇』イベ。
気になるストーリーをネタバレでご紹介!

kagekinetabare1.jpg

野外にて紅茶を楽しむ英智と日々樹。

天気のよさに上機嫌の英智ですが、咳が出始めてしまい、日々樹に紅茶を楽しむのもほどほどにして、中に入るように言われてしまいます。

「1人で歩けないのなら肩車をしましょう!」と言うも、英智は拒否。

むしろ日々樹が潰れてしまうと言うものの、日々樹は「自分は不可能を可能にする道化師ですから!」といつもの如くテンション高めです。

そろそろ本当に中に入ろうかとしたその時、元気のない様子の主人公に気付く2人。
主人公を引き留め、紅茶とスコーンで釣って、悩みを聞き出します。

『喧嘩祭』の成功で、蓮巳から信頼を得た主人公は、近日開催のS2の企画・運営を任される事に。

その演目に悩んでいた主人公でしたが、日々樹の助言で、演目は歌劇に決定!
時代は明治後半あたりで、紅月のイメージにもピッタリ。

大いに喜ぶ主人公は、英智と日々樹に演技指導を頼むものの、2人は演者として歌劇に参加を申し出、英智は書生役、日々樹は辻斬り役に決定します。





一方、鉄虎が空手の稽古の為に、道場に行き挨拶するも、鬼龍は挨拶も返さず、黙々と裁縫の作業中。
無視された事を嘆く鉄虎に、鬼龍は冷静に衣装のサイズ合わせを要求。

kagekinetabare2.png


衣装合わせを終え、またも裁縫に戻ろうとする鬼龍に、道場は稽古をする場所だと言う鉄虎。
教室は騒がしいから鬼龍は言いながら、道場では礼儀正しくしろと鉄虎に言うものの、逆に、道場では空手をして欲しいと言われてしまいます(そりゃそうだ(笑))

鬼龍は素直に鉄虎の言い分を聞くと、今の作業だけ片づけるから待っていろと鉄虎を待たせます。
すると、そこに鬼龍に用事があると言う主人公が現れます。

鬼龍の作業を邪魔しないように待つ間、歌劇の事を鉄虎に話す主人公。
そこで、実は出演する人数が足りていない事を明かします。

その後、作業の終わった鬼龍に、S2の演目について話します。
細かい内容の話を始めた2人に、鉄虎は自分も歌劇に参加したいと言い出します。

実は鉄虎は、以前紅月に入りたくて試験を受けたものの、落ちてしまい、いつか大将と一緒に活動するのが夢でした。
その後、鬼龍の後押しもあり、鉄虎は無事歌劇への参加が決定。
鉄虎は夜警役をする事に。


そこに突然、千秋が道場破りの如く現れ、鉄虎に今日は流星隊の活動日だから呼びにきたと言うものの、それは千秋の勘違い。

いつもの千秋のテンションにややイラっとする鉄虎。

歌劇の事を聞いた千秋は、自分も参加すると言い出します。
役は当然、正義の味方である、夜警役。

kageki3.JPG

後半に続く⇒「剣戟!月光浪漫の歌劇」イベのストーリーネタバレ<後編>





【浪漫の歌劇イベネタバレの最新記事】
posted by あんスタ攻略 at 21:22 | 浪漫の歌劇イベネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事