【あんスタイベネタバレ】七夕イベ「演舞 天の川にかける思い」ネタバレ。fineとValkyrieの因縁の対決!



6/30より、新イベントの『演舞 天の川にかける思い』が開催されました。

今回は去年の七夕イベと同じドリフェスにまつわるお話を、別視点で描いたもののようです。

fineとValkyrieの因縁の対決が描かれるとあって、かなり濃厚で重厚感のあるストーリーとなっています。

イベントストーリーは全19話です。

anmanogawa1.jpg

地下のライブステージ。

みかは宗にメンテナンスをして欲しいと申し出るも、大勢の人の前でやるべきではないと渋い顔。

みかとしては、メンテナンスの間だけは、宗が自分の事だけを見てくれるのが嬉しいみたい。…切ない。


どうやらみかは、また最近バイトを増やしたらしく疲れ気味。

それを聞いた宗は、家賃などはきちんとみかの両親から貰っている為、そこまでバイトをして気を使う必要はないと諌めます。

でも、みかとしては親にあんまり迷惑をかけたくないみたい。

みかの家族についての話が飛び出したのは初ですが、なにやらここにも闇を感じてしまいます。


かつては帝王と謳われたValkyrieが、こんな地下でステージを披露している事に嘆く宗ですが、今のドリフェス形式が気に入らないからこっちの方がまだマシみたい。

出番までにはまだ少し時間があり、宗は七夕祭り用に鬼龍に頼まれた衣装制作にのめり込みます。

その姿に『りゅ〜くん』からの頼まれ物だから仕方がないとみかは苦笑します。

え?りゅ〜くんとか呼んでるの?可愛い!

いつだって自分は宗の一番になれないと、笑うみかが切ないです。


一方、レッスン中の桃季と日々樹。

疲れて死にそうと嘆く桃季ですが、日々樹曰く、桃季の体や限界を完璧に管理している為、問題ないらしい。

目隠ししてマッサージをしてくれようとしますが、怯えて拒否する桃季。

桃季の骨密度や血圧などの健康状態を全て把握している日々樹にドン引きです。
そりゃそうだ(笑)

anmanogawa2.jpg

日々樹とのワンツーマンのレッスンが嫌だと助けを求める桃季に、日々樹は近々メンバー全員での活動が始まると告げ、この地獄の特訓もそろそろ終わりを迎えそうで、桃季はホッと胸を撫で下ろします。

あともう少しで心が折れそうだったと言うも、どうやらそれもより桃季を逞しく育てる為の狙いだったみたい。

桃季が桃季なりに努力をしているのは知っているが、生まれ育った環境で培われた人間性は仕方がない。

それを壊して整える為の、過程だった様子。

なにはともあれ、これからfine全員揃っての活動に、桃季は胸を躍らせます。




まずは目前に迫った七夕祭に向けての話題に。

七夕祭は主人公が初めて企画・運営を任された大きなドリフェス。

名前は違えど、毎年この時期には『S1』が開催されるのが習わしで去年の様子に興味を持つ桃季ですが、日々樹は去年のものにはほとんど不参加で、よく知らないみたい。

興味のないものは覚えない性質の日々樹に桃季は顔をしかめますが、日々樹曰く、覚えていないのではなく、不必要なものは奥にしまっているだけだと言い放ちます。

ワイワイと口論まがいの会話を繰り広げている2人のところへ弓弦が現れますが、桃季に何をしているかと、即効で日々樹に殺気を飛ばします。
…怖い。

弓弦は桃季が日々樹にひどい目に遭わされていないか心配しているようですが、桃季としては最初こそ殺し屋に抹殺して貰うかと思いつめた時もあったものの、今となっては割と楽で相手をしているみたい。
…いやいや!弓弦に人の事言えない位物騒なお話ですね。

anmanogawa3.jpg

弓弦は桃季が電話に出ないのを心配して来たようですが、弓弦があんまりにも頻繁に電話してくるから嫌気がさしたみたい。

子供じゃないと怒る桃季ですが、弓弦にとってはいつまでも手のかかる子どもなのだと笑います。

桃季は、弓弦1人な事に不満顔。

最近、弓弦は英智とセットで動く事が多くちょっと羨ましいみたい。

だけど英智は何やらお忍びの用事があると繁華街の方に出かけて行った為、弓弦は空気を呼んで別行動を取ったようです。


話は変わり、日々樹は弓弦の担いでいる笹の興味を惹かれます。

弓弦は今まで蓮巳の指示で生徒会の仕事を手伝っていたらしく、そのお礼として貰ったものみたい。

折角だから短冊に願い事をかこうという弓弦の提案に、それでこそ面白い、ただやるべき事を処理するだけでは機械と同じだとご機嫌です。

でも弓弦にしてみれば、その後の片づけが好きだから飾りつけは自体は好きみたい。

日々樹がまき散らす花弁や鳥の羽を嬉しそうに片づける様を、桃季は病気なのかと言い放ちます。

では実際に何を願うのかという話になり、日々樹はシェイクスピアに会いたいからタイムトラベルをしたいと言い、桃季は英智の健康を祈る一方で、弓弦の願いは、最近離れている事の多かった桃季ともっと触れあいたいとのものでした。

桃季は日頃の感謝込めて、弓弦の肩を揉んであげ、喜びのあまり弓弦は涙ぐみます。

和やかな一時は、まるで嵐の前の静けさのようでした。

anmanogawa4.jpg

【あんスタイベネタバレ】七夕イベ「演舞 天の川にかける思い」ネタバレ(その2)へ続く






posted by あんスタ攻略 at 00:48 | 「演舞 天の川にかける思い」ネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事