【あんスタイベネタバレ】「招福*鬼と兄弟の節分祭」ネタバレ(その1)朔間兄弟と2wink

1/15より、新イベントの『招福*鬼と兄弟の節分祭』が開催されました。
節分という事で鬼の朔間兄弟と2winkのお話のようです。
イベントストーリーは全22話です。

setsubun1.png

節分祭当日。

節分祭はS3に分類されているらしく、普通のドリフェスとはちょっと違うルールみたい。
ひなたも参加するらしく、楽しみだと語るひなた。
以前はB1として日陰になってしまっていた企画でも、大手を振って提案できるS3にひなたは満足気。

今回の企画は零の提案らしく、主人公が責任者になっているみたい。
零の企画とあって節分祭はS3にしては大規模なものになるらしく、主人公も大忙しのよう。
2winkとしてもここで目立って実績を積みたい考えみたい。

お互い頑張ろうね、と手を振って去っていくひなたと入れ代わりで、ゆうたと出会います。
まったく同じ挨拶に驚くも、どうやらゆうたの方はアイドルとしてではなく、校内アルバイトの一環でスタッフとして参加するみたい。

最近、ひなたと呼吸が合わず、下手にステージに立って失敗するよりかは、資金集めを優先しているみたい。

昔はひなたがこっそりバイトをしてたみたいで、ゆうたにとってはそれも面白くない様子。
だけど、目指している目標は二人とも同じのよう。
二人の仲違いを心配する主人公ですが、そんなに大袈裟なものではないと、ゆうたは苦笑します。




S3の新設による多忙さに、真緒はげんなり。
企画の審査だけでなく、準備も運営も…となると明らかに人手も時間も足りない。

だけどそれも必要な事。
無法地帯だったB1を放置する事なく生徒会の支配下に置くことで、その自由さを残したまま、秩序も保てる。
今は大変でも来年からは正式にプロデュース科が新設されるので、それまでの辛抱。
今は試行錯誤を繰り返す時期みたい。

英智と蓮巳の作り上げた体制のままでは時代の変化に対応しきれない。
失敗から学んで新たな制度を整えていくのも大事だと諭します。
それは真緒だって分かっている。
だけどそれでも物理的な限界というものはある。

真緒の意見を聞いて、少し制度の見直しを考え始める蓮巳。
一端企画の募集を止める案もありますが、折角皆が精力的に企画を出している流れに水を差すのは本意ではない。
なので、生徒会とは別の企画審査の組織を設け、審査する側の人員を増やす事に注力する事に。

休みの日まで働かせて済まないと詫びる蓮巳ですが、真緒も来年には生徒会長になる身。
その期待に応える為に働くと笑う真緒に、真緒が生徒会にいてよかったと蓮巳は表情を緩めます。

setsubun2.png

ちなみに真緒が監督するドリフェスは節分祭です。

節分と聞き、苦い顔をする蓮巳。
大豆が嫌いな蓮巳としては忌むべき行事みたい。

それでも誰かが福豆を差し入れすれば、ちゃんと年の数だけ食べてくれるますが、やはりちょっと気分が優れないみたい。
本当は見るのも嫌なクセに、後輩の手前不快感を出さない蓮巳の人柄に真緒も好意をもっているみたい。

setsubun3.png

節分祭当日。

主人公と合流し、遅れた事を詫びる真緒。忙しいなら無理しなくていいと主人公は言いますが、そう言う訳にもいかないし、力を合わせて頑張ろうと真緒は笑います。

付き合ってるのかと揶揄するゆうたに否定を返す真緒ですが、つい『ゆうたの方』という言い方をしてしまった事を詫びます。

だけど、ゆうたとしてはもう気にしていない。
一時的な反抗期だったと割り切りをみせるも、真緒としてはそんなに簡単なもんじゃないだろうと渋い顔。

でも節分祭はついさっき始まったばかりで、あんまりのんびりしている時間はない。
今回の節分祭は、放送委員会の協力の元、校内のあちこちで発生する騒ぎを録画して、後々校内TV番組として放送するみたい。

setsubun4.png

校内TV番組の最近始まった試みらしく、なずなと零の力で今回の大規模な節分祭も実現した様子。零が絡んでいるのなら、きっと面白いものになるだろうと、真緒も安心顔。

だけど、運営本部は別にあるはずで、なんでそもそもAV室なんかにいるのか。

それはどうやら撮った映像に妙なものが映り込んでいるらしく、それを確認する為にAV室にきたみたい。
本当はゆうたが個人的に気になっただけなのだけど、校内アルバイト如きの自分では貴重なテープは持ち出せない。
そこで、主人公に付き添って貰っていたみたい。

それを聞いた真緒は、責任者が本部からあんまり長く離れるべきではないと言いつつも、その怪しい何かが気になるみたい。

映像を再生してみるも、テストの為に配置した監視カメラの映像は荒く、不明瞭みたい。
かろうじて零っぽい、ということだけ認識できた様子。

それは地下書庫の秘密の部屋を映した映像の様子。

映像の中で零は誰かに向けて軽快に挨拶をし、その口ぶりから、そこには沢山の人が集まっている様子。
密集し過ぎて空気がよくないとぼやく零の隣に夏目が登場。
文句を言わないで、と眉をしかめるものの、この場を提供したのは夏目みたい。

setsubun5.png

お礼をいう零の背中に宙がよじ登り、どうやら空気が悪いから高い場所の空気が吸いたい様子。

不意に宙が、誰かの視線を感じると言い始めます。
だがそれは夏目が占いの相手を監視する為に設けた監視カメラの事みたい。

元々は占いの為に設置したものだけど、校内ネットの中に映像が送られて保存されてしまう可能性もある。
見られて困るものではないが、目障りだから切ってしまえ、という夏目の言葉で、宙は監視カメラの電源を切ります。

映像はここで終わり。

それを見た真緒は意味は分からないが、気になる映像だと首を傾げます。
零が何か悪だくみをしているのでは?と訝しるゆうた。
確かに、映像の中の零は節分祭の共通衣装を着ていた。

どうやらそれはスタッフも参加者も同じ物らしく、今更ながら見分けが付きにくくないか?と言い出す真緒。

節分祭は校内を逃げ回るアイドルに豆を投げつけるというもの。
スタッフまでそれに巻き込まれては困ると、何か解決策を講じる事に。

そして再び話題はあの映像へ。

悪だくみの気配に、ちょっと様子を探ってみる事に。

あの場に居たのは零と夏目。
二人とも早々簡単に口を割らなそうだと頭を抱える真緒に、ひなたもあの場にいたと進言するゆうた。

そんな話をしていると、突如机の下から凛月が登場。
例によって寝ていたらしく、零が何かしているのなら、一枚噛ませろと乗り気です。

【あんスタイベネタバレ】「招福*鬼と兄弟の節分祭」ネタバレ(その2)に続く
setsubun6.png








posted by あんスタ攻略 at 22:45 | 「招福*鬼と兄弟の節分祭」ネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事