【あんスタイベネタバレ】「撮影!ぽかぽかアスレチック」(前編)UNDEADと紅月!


3/14より、新イベントの『撮影!ぽかぽかアスレチック』が開催されました。
(記事の更新が遅くてごめんなさい)

pokapoka1.jpg

今回はUNDEADと紅月のお話。

イベントストーリーは全13話です。


初っ端からアドニスの食べっぷりを称える颯馬。
どうやら楽しくなって作り過ぎてしまった料理をアドニスが平らげてくれたらしく、アドニスとしてもお腹が空いて困った居たようで、二人とも嬉しそう。

その時、なにやら思い悩んだ様子の主人公を見かけます。
何か困ったことがあるなら力になると言う二人に、体格と体力に自信があるかと問う主人公。
颯馬としては体力に自信はあるが、体格ではアドニスが勝ると返します。

どうやら主人公は新しい仕事を誰に頼むのか悩んでいたらしく、二人はうってつけの様子。
颯馬とアドニスにとっても自分達向きの仕事だと自信があるらしく、詳しい内容を教えてくれと話を進めます。

仕事の場所は、以前UNDEADとRa*bitsが合同キャンプを行ったキャンプ場。

そこに新しくアスレチックエリアが新設されたらしく、そのPR番組に出てくれる人を探していたみたい。
仕事の内容に異論はないが、決定権は自分達にはない。
零と蓮巳に確認を取らなければならない。

pokapoka2.png

鬼龍はともかく、蓮巳の体力を心配する颯馬に、UNDEADのメンバーに体力はありそうかと問うアドニス。
それを自分に聞くのかと驚く颯馬。
薫とは同じ部活とはいえ、そもそも運動をする部活ではないし、むしろ同じユニットのアドニスのほうが詳しいはず。
けれど、口下手のアドニスは普段メンバーとそういう会話をしていない。
それでも基本的な体格と体力には問題はないはず。

けれど撮影は日中で、日中は零の体力が心配。
万が一放送中に倒れれば一大事。
なので、もしかしたらダメかも知れないと、アドニスは申し訳なさそうに肩を落とします。

それでもアドニスが確認を取るのを待つと言う主人公。
アドニスとしても、得意の体力を活かせる仕事は率先して受けたいみたい。

撮影は返礼祭の後を予定していると聞き、少しだけ切なげな颯馬。
先輩達が卒業してしまうことは寂しいみたい。




軽音部の部室に行ってみるも、そこにいたのは晃牙だけ。

寝ているのかと尋ねるも、そもそも今日はここに来ていない。
用があるなら教室に行けという晃牙ですが、最近の零は妙によそよそしく、教室にいる確証もない。
UNDEADは元々放任主義ではあるものの、晃牙としては違和感が拭えないみたい。

そろそろ返礼祭もあるし、三年生に頼らずともしっかり送り出してあげようというアドニスですが、そもそも零が卒業するかどうかも怪しい。
確かにそれはそうだが、薫は卒業するはず。
そこは家の事情が大きいみたい。

pokapoka3.png

薫は薫でなんだか最近様子がおかしい。
ショコラフェスに女の子にチョコをもらったとはしゃぐわけでもなく、真顔で見つめていた。
女の子との接し方を見直し始めている薫にも色々と考えがあったようです。

先輩達がいなくなって寂しいというアドニスに対し、晃牙は今度こそ俺様の時代だ!と意気込むも、アドニスに素直でないとすぐに見抜かれてしまいます。
それは、友達だからこそ気付けた変化。

UNDEADはアドニスと晃牙の二人になるが、紅月は颯馬一人きり。
そのことを少しだけ心配するアドニス。

けれど、余所の心配をしている余裕はない。
友達なら信じてやれ、俺もアドニスを信じる、と語る晃牙。
この二人の友情もとても素敵ですね!

そして、零を探すのを手伝ってくれるという晃牙ですが、その前に理由くらい聞きたい。

pokapoka4.png

そこで、晃牙に向けて例の質問をぶつけるアドニス。

体力と体格に自信はあるか。
でも、晃牙はそれに対しては自信満々。
一瞬、バカにされたのかと思って剣呑になる晃牙に、アスレチックの仕事の件を打ち明けます。

日中の仕事だから…と弱気になるアドニスですが、そこは晃牙が頼み込んでくれるみたい。
それに対し、本当にいいのか?と不安げなアドニス。
晃牙はどちらかと言うとライブの方を好みますが、体を動かすのも嫌いじゃない。

そこに主人公から電話が。

どうやらアスレチックのあとは牧場での撮影もあるみたい。
牧場の仕事ということは動物絡みでもあり、晃牙にとっても異論はない様子。

その時、ちょうどタイミングよく零と薫が部室に顔を出します。
こうしてメンバー全員が揃うのは珍しいと嬉しそうな零。零と薫も偶然途中で会ったみたい。

だけど、今がまさにチャンス。

さっさと相談して来い!と晃牙はアドニスをけしかけるも、やっぱりちょっと不安そう。
その様子に苛立つ晃牙ですが、それはあくまでもアドニスを思ってのこと。
零は軽く晃牙を嗜めつつ、アドニスに話を促します。

pokapoka5.png

アドニスはアスレチックの仕事の件を話します。

体力と体格に自信があるのが条件のため、アドニスや颯馬向きではあるが、UNDEADや紅月全体に向いているかは分からない。
もしダメなら仕方がないと言うアドニスに、ちょっと控えめ過ぎると零は嘆息を漏らすも、そもそもアドニスがここまで主張すること自体珍しい。

できることならその願いを叶えてあげたいが、ショコラフェスの疲れが残っているのも事実。
けれど、この仕事はあくまでも返礼祭のあと。
それならば二年生を中心に任せた方がいい。

その後の牧場の仕事には零も乗り気みたい。
ひとまずUNDEADの参加の承諾は得られたようで、一安心です。

【あんスタイベネタバレ】「撮影!ぽかぽかアスレチック」(中編)に続く








posted by あんスタ攻略 at 17:26 | 撮影!ぽかぽかアスレチック


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事