【あんスタイベ】「剣戟!月光浪漫の歌劇」イベのストーリーネタバレ<後編>

「剣戟!月光浪漫の歌劇」イベのストーリーネタバレ<前編>からの続き・・・

kagekinetabare3.png

鬼龍のお墨付きも貰ったところで、生徒会室にいる蓮巳と神崎に歌劇の事を報告にしに向かう主人公。
生徒会室では、蓮巳と神崎が談笑しながらお仕事中。
喧嘩祭の際に、英智と蓮巳が仲直りした事を素直に喜ぶ神崎の頭を、蓮巳はグリグリと撫でまわします。
ただし、力加減が微妙で、痛がる神崎。

そこに、主人公が登場し、天の助けと喜んだのも束の間、主君に近い存在である主人公に、そんな考えを持ってはいけないとテンパり、例によって切腹すると言い出す神崎。
すぐに切腹切腹言うようなら刀を没収すると蓮巳に怒られ、神崎は号泣。
なんとか、神崎を落ち着け、話を本題へ。

歌劇という演目に、蓮巳は満足そうにするものの、日々樹の案だと聞くと、微妙に顔を曇らせます。
だけども、主人公の頑張りは認め、珍しく笑顔で頭を撫でてくれる、ご機嫌な蓮巳殿なのでした。

鬼龍のお墨付きも貰ったところで、生徒会室にいる蓮巳と神崎に歌劇の事を報告にしに向かう主人公。

生徒会室では、蓮巳と神崎が談笑しながらお仕事中。

喧嘩祭の際に、英智と蓮巳が仲直りした事を素直に喜ぶ神崎の頭を、蓮巳はグリグリと撫でまわします。
ただし、力加減が微妙で、痛がる神崎。

そこに、主人公が登場し、天の助けと喜んだのも束の間、主君に近い存在である主人公に、そんな考えを持ってはいけないとテンパり、例によって切腹すると言い出す神崎。

すぐに切腹切腹言うようなら刀を没収すると蓮巳に怒られ、神崎は号泣。
なんとか、神崎を落ち着け、話を本題へ。

歌劇という演目に、蓮巳は満足そうにするものの、日々樹の案だと聞くと、微妙に顔を曇らせます。
だけども、主人公の頑張りは認め、珍しく笑顔で頭を撫でてくれる、ご機嫌な蓮巳殿なのでした。


その後、どこからともなく歌劇の事を聞きつけた月永レオが来襲。

妄想を滾らせ、オペラを書き殴り始め、言ってる事も『うちゅ〜』だの『宇宙人に改造してやる!』だの意味不明のオンパレード。

要約すると、英智達との会話を盗み聞きし、自分も参加したい。

その第1弾が、今書いているオペラ。要は台本。
次に、自分も辻斬り役として、歌劇への参加を勝手に決めてしまいます。




そこに、練習をしにきた鬼龍が来ますが、レオはなおも自分のペースで場をかき乱します。
鬼龍もレオのハイテンションには、ついていけず…。

kagekinetabare4.png


鬼龍は、もう1人の辻斬り役が、レオに決まった(というより、押し切られた)事を蓮巳に報告に向かいます。

日々樹のみならず、レオまで参加すると聞いた蓮巳は、ショックのあまりフリーズ。

kagekinetabare5.png

あの2人の事を考えると、今から頭も胃も痛いと嘆く蓮巳ですが、ここまで来たらやるっきゃない!って事で、歌劇はいよいよ本番当日へ・・・


本番を前に、緊張のあまり落ち着かない鉄虎。

しかも苦手な蓮巳と2人きりでのスタンバイ中で、会話もあまりなく、気まずい空気が流れます。

すると、鉄虎の緊張を察した蓮巳は、鉄虎に失敗を恐れるな、と激励の言葉をくれます。

蓮巳からのまさかの言葉に、鉄虎は蓮巳に対する苦手意識を見直し、鬼龍が蓮巳についていくと決めた理由を少しだけ分かった気持ちになるのでした。


舞台では、レオが好き勝手に大暴れ。
レオには鬼龍単独で挑み、迫力満点の立ち回りを見せます。


一方、日々樹には蓮巳、神崎、鉄虎、千秋の4人で挑むものの、日々樹のアドリブだらけの動きに翻弄され、劣勢に。

でも、やられっぱなしの蓮巳ではなく、他の3人に素早く指示を出すと、連携プレーで日々樹を捕まえます。

kagekinetabare6.png

歌劇は無事成功し、主人公の成長を褒めてくれる3年生達。
その場にいない鉄虎の事を褒める蓮巳は、レオと鬼龍からツンデレと称されるのでした。



posted by あんスタ攻略 at 21:34 | 浪漫の歌劇イベネタバレ

【あんスタイベ】「剣戟!月光浪漫の歌劇」イベのストーリーネタバレ<前編>


2016年1月15日より開催の『剣戟!月光浪漫の歌劇』イベ。
気になるストーリーをネタバレでご紹介!

kagekinetabare1.jpg

野外にて紅茶を楽しむ英智と日々樹。

天気のよさに上機嫌の英智ですが、咳が出始めてしまい、日々樹に紅茶を楽しむのもほどほどにして、中に入るように言われてしまいます。

「1人で歩けないのなら肩車をしましょう!」と言うも、英智は拒否。

むしろ日々樹が潰れてしまうと言うものの、日々樹は「自分は不可能を可能にする道化師ですから!」といつもの如くテンション高めです。

そろそろ本当に中に入ろうかとしたその時、元気のない様子の主人公に気付く2人。
主人公を引き留め、紅茶とスコーンで釣って、悩みを聞き出します。

『喧嘩祭』の成功で、蓮巳から信頼を得た主人公は、近日開催のS2の企画・運営を任される事に。

その演目に悩んでいた主人公でしたが、日々樹の助言で、演目は歌劇に決定!
時代は明治後半あたりで、紅月のイメージにもピッタリ。

大いに喜ぶ主人公は、英智と日々樹に演技指導を頼むものの、2人は演者として歌劇に参加を申し出、英智は書生役、日々樹は辻斬り役に決定します。





一方、鉄虎が空手の稽古の為に、道場に行き挨拶するも、鬼龍は挨拶も返さず、黙々と裁縫の作業中。
無視された事を嘆く鉄虎に、鬼龍は冷静に衣装のサイズ合わせを要求。

kagekinetabare2.png


衣装合わせを終え、またも裁縫に戻ろうとする鬼龍に、道場は稽古をする場所だと言う鉄虎。
教室は騒がしいから鬼龍は言いながら、道場では礼儀正しくしろと鉄虎に言うものの、逆に、道場では空手をして欲しいと言われてしまいます(そりゃそうだ(笑))

鬼龍は素直に鉄虎の言い分を聞くと、今の作業だけ片づけるから待っていろと鉄虎を待たせます。
すると、そこに鬼龍に用事があると言う主人公が現れます。

鬼龍の作業を邪魔しないように待つ間、歌劇の事を鉄虎に話す主人公。
そこで、実は出演する人数が足りていない事を明かします。

その後、作業の終わった鬼龍に、S2の演目について話します。
細かい内容の話を始めた2人に、鉄虎は自分も歌劇に参加したいと言い出します。

実は鉄虎は、以前紅月に入りたくて試験を受けたものの、落ちてしまい、いつか大将と一緒に活動するのが夢でした。
その後、鬼龍の後押しもあり、鉄虎は無事歌劇への参加が決定。
鉄虎は夜警役をする事に。


そこに突然、千秋が道場破りの如く現れ、鉄虎に今日は流星隊の活動日だから呼びにきたと言うものの、それは千秋の勘違い。

いつもの千秋のテンションにややイラっとする鉄虎。

歌劇の事を聞いた千秋は、自分も参加すると言い出します。
役は当然、正義の味方である、夜警役。

kageki3.JPG

後半に続く⇒「剣戟!月光浪漫の歌劇」イベのストーリーネタバレ<後編>



posted by あんスタ攻略 at 21:22 | 浪漫の歌劇イベネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事