【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<最終>

hinaend.png

ドリフェス当日。立派なステージを前に、千秋は今回のドリフェスの意義を再確認。

どうやら千秋は、自分が卒業した後の隊長を、鉄虎に譲るつもりのよう。

可愛い後輩たちの成長を喜びつつ、でもまだ目が離せない。

特に高峯は昔の自分を見ているようだと言ってますが、今の千秋の様子からはあまり想像できないですね。


流星隊の今後を考える千秋に、奏汰は千秋が選んだ子達なのだから大丈夫だと励まします。

嬉しくてつい奏汰の頭を思い切り撫でまわしてしまう千秋。

乱れたしまった髪を整える櫛を借りようと、主人公を呼ぶも、現れたのはなぜか日々樹。


日々樹曰く、主人公は物販の方に回っていて手が塞がっている。

『喧嘩祭』の時に蓮巳に経営学についても叩き込まれた主人公は、ほんの少しでも儲けを回収しようとしているよう。

そんな働き者で金勘定もしっかりしている主人公は、良いお嫁さんになると褒める千秋。


主人公に変わり、日々樹が奏汰の髪を整えてくれます。

日々樹が参加する事を、奏汰は喜び、とってもご機嫌。

これから戦う相手に呑気なものだと宣戦布告をする日々樹ですが、奏汰も受けて立つ気満々。

いつものほわほわした雰囲気とは違い、凛々しい奏汰の姿は必見です!

hinasa.png

一方、英智もこっそりステージを見学中。

本当は自分も参加したいのだけど、桃季の意志を汲んで大人しく見守る事に。


そして、主人公に今回のドリフェスの名称は決まっていないと聞いた英智は、今回のドリフェスを『皇帝の凱旋』と名付けます。


そして、いよいよドリフェスが開始。

流星隊の圧巻のパフォーマンスを前に、改めて流星隊の実力を認め、ギリギリの戦いになると緊張を募らせる桃季。

日々樹に緊張を顔に出してはいけないとアドバイスを受けるも、ややナーバスになっている桃季はつい八つ当たりをしてしまいます。

でも、相手の力量を的確に図る事や、自分の未熟を受け入れられるようになったのは、大きな成長だと、日々樹は素直に喜んでいる様子。

桃季は桃季であり、次期皇帝ではあるものの、英智ではない。

1人では無理な事なら、自分達を頼ればいいと日々樹は桃季を励まします。

日々樹と弓弦の想いを受け、桃季は泣き言を捨てて、次期皇帝として凛々しく舞台へと向かっていくのでした。(おわり)


posted by あんスタ攻略 at 21:16 | 羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋ネタバレ

【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<その4>

【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<その3>の続き・・・

夕方、奏汰は千秋を探すもなかなか見つからず、家にまで行くべきか、でもそうすると手土産が必要で、今から取りに戻っては間に合わないと独り言を漏らします。

しかも、夜の海は怖いなどと、まるで海に住んでいるかのような意味深発言。

hinaz.png

でも、なんとか公園で千秋を発見します。

千秋は公園で子供達を相手に、『プチヒーローショウ』を披露していた様子。

子供達と一緒に遊び、その笑顔を見る事が、千秋の趣味みたい。さすが正義の味方!


奏汰は千秋に相談を持ちかけます。

その内容とは、さっき日々樹と話していた事について。

日々樹は参加するかどうか濁していましたが、きっと本心は参加したいはず。

日々樹は昔の日々樹とは違う。三奇人以外にも友達を見つけ、奏汰が流星隊に居場所を見つけたのと同じように、日々樹もfineに居場所を見つけている。

その証拠に、以前桃季といた日々樹はとても楽しそうだった。


奏汰としては、日々樹にも今回の勝負に参加してほしいというのが相談内容だけど、正直それは奏汰達にはどうしようもない事だと、困り顔。


でも千秋は奏汰の思いをちゃんと汲み取ってくれます。

日々樹が参加するとなっては、なおさら気が抜けない。特訓をせねばと意気込みます。


主人公にも手伝ってもらおうと考えますが、主人公は衣装の準備で忙しく、舞台は桃季が用意する為、自分達も何か手伝いをするべきかと悩む千秋。


でも奏汰は、桃季はきっと全部1人でやりたいはずだから、自分達は温かく見守ってあげようと言うのでした。




後日、決戦の舞台がいよいよ完成し、感慨深げに見つめる桃季。


今回のドリフェスは非公式のB1。

本来なら元ある舞台を少しいじる程度が定番だけど、今回は桃季にとってはとても大切な戦い。


学校からの支給はなくても、姫宮家の力を使い、ちょっと無理に大舞台を仕上げました。


桃季は、英智が依然として入院中な事を気にします。

英智は毎年のことだと言うけれど、心配なものは心配。

だけど、顔を見ると流星隊との一件をしゃべってしまいそうなので、お見舞いは我慢。

桃季は、今回のドリフェスで英智に認めてもらう事を心に誓います。


そこへ突然日々樹が登場。

そしていつものように意味不明なテンションで喋りだし、桃季にウザがられると、今度は仮面を勧めてきます。

でも、桃季に勧めてくる仮面はどれも微妙…。

hinazz.png

完全に日々樹のペースに流されながらも、桃季は自分を姫扱いするなと食って掛かります。

日々樹は、桃季は雛鳥から獅子へと姿を変えようとしていると感慨深げ。

日々樹が、英智に今回の事を話してしまっていないか心配する桃季ですが、日々樹は桃季の意志を汲んで、黙っていてくれました。


そして、姫君改め、『次期皇帝』陛下の手助けをさせて欲しいと言い出します。

次期皇帝陛下として扱って貰え、満更でもない様子の桃季。

そして、改めて日々樹に力を貸してくれるように頼みます。

<つづき>⇒【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<最終話>



posted by あんスタ攻略 at 21:11 | 羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋ネタバレ

【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<その3>

【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<その2>の続き・・・

AV室に入った途端、急に手裏剣が飛んできて驚いて尻もちをつく桃季。

主人公に助けを求めるものの、弓弦に諭され、自分で立ち上がります。


桃季は流星隊に対決を挑みに来たと伝えます。


千秋はそれをあっさりと受け入れますが、最初は桃季の要望通り、1年生だけで応じるつもりだったけど、桃季の非公式試合も辞さない熱い思いに、流星隊全員で挑む事を宣言。


千秋は早々に準備を始めてしまい、桃季達はまさかの流星隊全員と戦わなければならない事に…。

hina.png

その後、流星隊との対決に向けて、レッスンに励む桃季に差し入れをする主人公。

未だかつてない熱心ぶりに、弓弦も主人公も無理をしているのではないかと、心配します。


結局流星隊全員と戦わなければならなくなったのだから、せめて日々樹に話しておくべきだと言う主人公ですが、桃季は日々樹には頼りたくない様子。


日々樹は英智がいるからfineにいるだけで、愛着がある訳でない。

桃季が皇帝の後継者だとは認識しているものの、あくまでも『姫君』扱い。

しかも、日々樹だって3年生で、英智と一緒に卒業するのだから、話しても意味がないと言い、桃季はレッスンを再開します。




一方、奏汰はいつものように噴水で水浴び中。

だけど季節は冬で、水も冷たい。1年中同じ水温だったら、風邪を引かなくて済むのに…と奏汰は独り言。

そこに日々樹が現れ、また風邪を引くとちょっとだけ呆れ顔。


奏汰をとくに気にせず、日々樹はいつも元気だと言うも、日々樹は風邪くらい引くけども、表に出さないだけだと言います。


弱った姿を誰にも見せない日々樹に、奏汰はもっと自分達を頼ってもいい、だって『おともだち』だから、だと言います。


奏汰のお節介を嬉しげに笑い、話題は桃季の事へ。

日々樹に内緒で面白い事をしているようで、初めて主人公に話を聞いた時は、驚きでハトを出すところだったと言うも、奏汰にハトはいつも出しているとツッコまれます。


しかも、話を聞く前から気付いていた事も、奏汰にはお見通し。

日々樹曰く、弓弦は上手く誤魔化していたものの、桃季はやはりお子様なので、ちょっとカマをかけただけで動揺していたと楽しげです。


奏汰に小さな子を苛めては駄目だと言われ、いつの間にか話は脱線の方向に。

改めて奏汰のマイペースぶりを指摘する日々樹ですが、それは日々樹も同じこと。

奏汰は『にたものどうし』だと笑います。


話はさておき、いい加減水から上がらないと本当に風邪を引いてしまうと、日々樹は奏汰『旧き友』だからと言いながら、タオルを貸してくれます。


別れ際、奏汰に参加しないのかと聞かれた日々樹は、直にお願いされた訳ではないから…と参加を明言しません。

そんな日々樹に、奏汰は日々樹にも参加してほしい、桃季もきっと同じ気持ちだと告げます。

そして最後に、自分はいつまでも日々樹を待っていると伝えるのでした。

hinas.png


<つづき>⇒【あんスタイベネタバレ】「羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋」ストーリーネタバレ<その4>


posted by あんスタ攻略 at 21:02 | 羽ばたき!雛鳥と皇帝の凱旋ネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事