【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(最終)



【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(その3)つづき

band13.jpg

いよいよ音楽祭のステージが幕を開けます。

零のMCの上手さに感動した真は、デザイナーに聞かれた『今、幸せ?』という問いに、胸を張って幸せだと答えるべく、精いっぱいステージをこなす事を誓います。

いつもはどこかビビりがちだった真が自分から前に出た事に、スバルも触発され、もっともっと輝くための演奏を披露。

予定を無視して突っ走る2人に呆れる北斗ですが、そんな2人を後ろで支える自分達がいるから、2人は思い切り走って輝ける。

その期待を二度と裏切らない為に、置いていかれない為に、北斗も負けじと走り出します。

そうやって次々と連なるように輝きを増していくのがTrickstarというユニット。

真緒はそんなみんなを誇りに思いつつ、今回心配してくれた事への感謝を抱きます。

結局、真緒だってみんなの事が大好きなのです。

ふと、リハの時より演奏に厚みがある事に気付く真緒。

よくよく耳を澄ましと聞こえてくるのはピアノの音。

ピアノの担当などいなかったはずだと首を傾げます。


なんとピアノを弾いていたのは凛月。

凛月が参加している事に驚く真緒ですが、半ば強引にステージに出されたみたい。

band14.jpg

しかもぶっつけ本番で。

幸い演奏するのは零の好きな曲で、凛月も聞きなれているから演奏自体は問題ないみたい。

なんだかんだ零の好みに詳しいとか、微笑ましいですね。

それを指摘してくる真緒に、同じ家にいれば嫌でも聞こえてくる、セッションしたのは昔の話だと突き放しますが、そこにふらっと零が現れます。

ドラム担当の零が抜けて良いのかと驚く真緒ですが、どうやらドラムは零の真似をしたい晃牙に取られたみたい。

犬なのに楽器が演奏できて凄いだろうと自慢する零ですが、晃牙は人間ですよ?(笑)

楽器を取られた零は凛月と連弾をしようと勝手に座り込みます。

当然凛月には拒否されますが、零は凛月に音楽はみんなで奏でる方が楽しいし良いものになる。

自分から1人になろうとするのは愚かな事。

自分達は神から呪われた存在だが、そんな自分達に寄り添ってくれる人達を大事にしなければいけない。

だってそれは、奇跡みたいなものなのだから。

そして零は最後に真緒は強い子で、真緒が髪を下ろしても平気になったのは、凛月との思い出を忘れた訳ではない。恐怖を克服しただけ。

真緒が遠ざかっていると思っているのは凛月の勘違い。

凛月自身が怠けているからそう感じるだけ。

だから、早く追いかけろと凛月の背中を押してくれます。

零は2人の元を離れてアドニスの元へ。

アドニスは晃牙にギターを押し付けられて困っていたらしく、助けを求めます。

零にギターを変わって貰い、アドニスは歌とダンスに専念。

band15.jpg

そう言えばステージにいない薫はどうしたのかと気にするアドニスですが、薫は観客席でパンフなどを配る宣伝役をしているみたい。

女の子が好きで社交的な薫にはピッタリな役目、まさに適材適所です。

零の助言にまだ釈然としていない様子の凛月。

気が向いたらステージに来いと言われたから、真緒の雄姿を見る為に来ただけなのに、待ち構えていた主人公によって手製の衣装を渡され、断るのも可哀想だからと仕方なしにこうなったみたい。

凛月は面倒くさがりだけど、ステージに上がればちゃんとする、立派なアイドルだと真緒は誇らしげです。

凛月としてはアイドルがどうこうというより、零が夢中になっているものに興味があって、腰掛け程度に始めたものが、いつの間にやら取り込まれて今に至ります。

凛月は一生の不覚だと言いますが、アイドルでいれば真緒のそばにいられると思っている部分もあるみたい。




同じユニットの泉の出ているファッションショーはサボったのに、こっちに出ている事がバレたら文句を言われそうだと暗い顔をする凛月ですが、凛月にも自分の他に仲良くしている相手がいる事が分かり、ホッとした反面、ちょっとだけ寂しい真緒。

零は真緒を強いと言いますが、真緒自身はそんな事はなく、ただ良い人ぶって嫌わないでくれと土下座して回っているだけだと言います。

でも凛月は、そんなみっともない真緒だって大好き。

凛月だけは真緒を嫌いになんてならない。

どれだけボロボロになっても愛してあげる。

自分のせいで悩んで落ち込んでいるのが嬉しい。

だから、死ぬまで甘やかして世話をやいて。

だって真緒は生涯ただ1人の凛月の眷属(家族)なのだから。

このあたりはちょっと狂気じみている感じもしますが、凛月にとってどれほど真緒が大事な存在なのかよく分かって、胸が熱くなりますね。

band16.jpg

音楽祭が終わった帰り道。

凛月は何で自分が主人公をおぶらなければいけないのかと文句を言います。

いっそ捨ててもいいかと言い出しますが、大事なプロデューサーを捨ててはいけません!

Trickstarは主人公を交代で家まで送っていますが、今日は真緒の番。

でも真緒は連日の多忙さでクタクタ。

凛月に夜は元気なのだから運んでくれと頼みます。

自分だって疲れているとダレる凛月ですが、早くしないと夜が明ける。

そうなったら真緒が2人を運ばなくてはいけなくなり、それはどう考えても無理。

だから頑張れと言うも、凛月は休憩だと座り込んでしまいます。

ですが、座り込んだ途端に真緒は寝てしまいます。
相当疲れてたんですね。

凛月はいつも自分に説教をするのだからしゃんとしろと文句は言い出します。

どうやら真緒の先端恐怖症は凛月が昔噛みついた事がトラウマになったが故のもので、前髪が目に当たるのすら怖くて、前髪を上に上げるようになったみたい。

すると、真緒の代わりに主人公が起きてしまい、凛月は自分はともかく真緒にはちゃんとお礼を言ってあげてと言います。

真緒は人に何でもできて当たり前だと思われがちだから、案外そうゆうものに飢えている。

だからたまには褒めてあげて。
頭を撫でてあげて欲しい。

でも主人公は自然にそれが出来ていると凛月は思ってるみたい。

小さく凛月を呼んで身じろぐ真緒に、凛月はもうちょっと休んでいてもいいよ、と膝枕をしてあげるのでした。

band17.jpg



posted by あんスタ攻略 at 19:42 | 「宵の宴♪バンドアンサンブル」ネタバレ

【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(その3)



【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(その2)の続き

そして、前夜祭当日。

軽音部部室には真緒がいて、生徒会で忙しくて楽器の方が不安だと漏らします。

でも、どうやらまだ凛月とは仲直りできていないみたい。

凛月は家に閉じこもって、真緒が迎えに行っても無視。

出席日数がやばいので心配する真緒ですが、一応真緒を避けつつ登校だけはたまにしてるみたい。

本当に嫌われてしまったのかと落ち込む真緒。

何で凛月が怒っているのか、それが分からない自分も責めているみたい。

主人公は、そんな真緒を慰めるように、頭をなでなで。

いつも出来る子扱いをされてしまう真緒にとっては、新鮮みたいでちょっと嬉しそう。

そこをスバルにイチャイチャしてると指摘され、慌てるのもまた可愛い。

band8.jpg

厄介ごとかと構える真緒ですが、スバルは衣装合わせの為に声をかけてくれたみたい。

今回は、別の企画のファッションショーで使った衣装を使い回しで活用するみたい。

短い練習期間だったにも関わらず、スバルはトランペットを上手に吹けるように。

さすがは天才肌ですね。

一方、コントラバスを担当している北斗はちょっと苦戦気味。

母親に指南を頼んだようですが、DDD以来ちょっと雰囲気がおかしいみたい。

でもなんとか教えては貰えたものの、北斗の母は感情派らしく言っている意味が分からずイマイチな結果。

しかも、北斗は母親に『ほっちゃん』と呼ばれている様子。

意外です。

band9.jpg

同じく感情派に近いスバルと張り合う事で、北斗はより伸びるのだと真緒は理解しています。


そこへ、遅れて真が登場。

ファッションショー絡みで顔見知りのデザイナーに捕まってしまったらしく、それを勘違いした泉がデザイナーに喧嘩を吹っかけるとという修羅場に突入。

最終的に、真に一番似合う服を着せる合戦に切り替わり、あやうくファッションショーに出されそうになってました。

椚先生と嵐が助けてくれた事により、なんとかその場を逃げ出してきたみたい。

ちなみに、真の担当楽器はタンバリン。1人だけレベルが低すぎる(笑)

その頃のUNDEADは零がドラムで音合わせ中。

晃牙は零と2人でギターがしたいとごねていたみたいで、可愛いですね。




でも、音合わせをしているのは零と晃牙の2人だけ。

他のメンバーは首を傾げる真緒でしたが、実はアドニスもちゃんといて、部屋の隅で瞑想中でした。

ちなみに薫が本番前ギリギリ参加なのはいつもの事です。

なんだか元気のないアドニスですが、原因は担当する楽器にありました。

それは、ハーモニカ。

オカリナなら得意なのですが、晃牙に無理やり押し付けられたみたい。

アドニスとしては、ハーモニカは小さすぎて、壊してしまいそうで怖いみたい。

まるでハーモニカを小動物かなにかのように扱うアドニスが、微笑ましいですね。

そこで北斗は、ハーモニカになりきってアドニスに話しかけ始めます。

真はボケなのかと狼狽えますが、北斗は至って真剣。

どうやら主人公がハーモニカを動物かのように動かしてアドニスに懐かせようとしているのを見て、手を貸そうと思ったみたい。

無茶なやり方ですが、それでもアドニスはみんなの気遣いが嬉しいと笑い、自らハーモニカに歩み寄ります。

band10.jpg


和む一同ですが、その時零からさすがに薫が遅すぎるので探してきてくれないかと頼まれます。

女の子の方が薫が言う事を聞くからと、白羽の矢がたった主人公。

でも真緒は、薫に主人公がちょっかいをかけられるのを心配してついていく事に。

その際に、もし凛月を見つけた際の伝言も頼まれます。


一方、凛月は気晴らしにピアノを弾くものの、どうにも上手く弾けない様子。

零がいなくなり、夜の世界に1人ぼっちになってしまった凛月にとって、ピアノだけが支えの存在だったのに、そのピアノですら今の凛月を慰める事はできないみたい。

真緒によって無理やり昼の世界に引っ張り出され、賑やかさやお日様の温もりを知った。

だからこそ、1人ぼっちの今との温度差に耐えられない。

このままでは凍えてしまう。

こんな事なら、知るべきではなかったと、真緒との出会いすら後悔し始めてしまう凛月。

でも、本当は分かってる。悪いのは真緒ではないって。

真緒は自分から面倒を背負い込んでしまうしまうお人好しで、とってもいい子。

だから、自分が独り占めしちゃいけない。

今まで一緒にいれた事が不自然だった。

いわば、真緒と凛月は昼と夜のようなもので、いつかはお別れしなければいけない。

自分には真緒を繋ぎとめておく力なんてないし、いつまでも頼りっぱなしでは、真緒に迷惑がかかってしまう。

今まで真緒から浴びせられてきた文句を思い出し、凛月はこのまま真緒と離れる事と決意します。

band11.jpg

本来あるべき墓土の中に戻って、眠っていればいい。

そうすれば、嫌な事は全部忘れられる。
零が無理をしてまで居座った世界だから、自分も頑張っては見たけれど、やっぱり自分には無理だった。

きっと真緒だってすぐに忘れてしまう。

ジュースの味もなにもかも。

今の真緒のまわりには、キラキラしたもので満ちている。

それが、真緒にはお似合いで、自分の居場所など最初からなかった。

なのに、真緒に手を引かれ、温もりを分けて貰って、勘違いをしていた。

でも、結局自分は人間にはなれない。

真緒がいないと、こんなにも寒くて寂しい。

このあたりの凛月の心情は、なんだか切なくなりますね。

そこへ、当然真緒が現れます。

まさに、救世主並みの登場の仕方ですね。

どうやらピアノの音に気付いて、様子を見に来たみたい。

ピアノと言えば、凛月だから。

何の用だと素っ気ない態度を取る凛月に、真緒は零からの伝言を伝えます。

あとは、素直に凛月と仲直りがしたいと言う真緒。

伝言も話もしたくないと言う凛月ですが、真緒は体調が悪そうな凛月を心配します。

真緒は凛月を背負って歩き出します。

凛月は変わっていく事を恐れているようですが、真緒は人とは生きている以上、変わり続けるものだけど、それでも凛月が幼馴染である事も積み重ねた記憶も変わらないのだと言います。

band12.jpg

このあたりは、2人の絆が感じられて、とてもいいですね。

【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(最終話)へ続く



posted by あんスタ攻略 at 07:19 | 「宵の宴♪バンドアンサンブル」ネタバレ

【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(その2)



【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(その1)の続き

朝、教室へと入った真は、アドニス相手にちょっとビビり気味。

でも決してビビった訳ではなく、アドニスから挨拶が返ってきた事に驚いただけのよう。

アドニスは忙しい真を気遣ったり、自分がいなくてもTrickstarは大丈夫だと言う真に、そんな事はないと励ましてくれます。

この2人のやり取りはなんだか微笑ましいですね。

そして、いつの間にか主人公を名前呼びしているアドニスを羨ましがる真。

ですが、問題はなぜか珍しく元気のないスバルへと切り替わります。

スバルは桜が散ってしまった事に落ち込んでいるらしく、仕方がないからと真に花びらを落書きしてお花見をしようとします。

ひとまず、元気になったようでなによりです。

band4.jpg

放課後、北斗から学園祭とその前夜祭についての説明が始まります。

B組の真緒はまだ授業が終わっていないので、後ほど訪ねる事に。

どうやら真緒はB組の中では貴重な良心らしく、いつも騒ぎが絶えないB組をまとめているみたい。

今回は、前夜祭のドリフェスに参加するかどうかが話し合われます。

前夜祭への参加は強制ではないものの、今の勢いに乗ったまま学園祭でのさらなる集客を得る為に、参加する方針に決まります。




次の問題は、どの演目に出演するかという事。

前夜祭の出演枠は早い者勝ちな為、正直目ぼしい物はほとんで締め切られていて、残っているのは漫才とかこんにゃく祭りとか…ちょっと異色なものばかり。

その中で楽器演奏が主になる『春の音楽祭』を見つけ、これなら歌や踊りを挟み込める可能性もあると、出演するのは音楽祭に決定します。

どうやら音楽祭にはUNDEADも参加するみたい。

真緒に会いにB組に行くと、そこでは意外と真面目に日直の仕事をする晃牙が。

揃いも揃って殴り込みなら受けて立つと、相変わらず血気盛んですね。

音楽祭に出演するにあたり、北斗達は楽器には不慣れな為、軽音部の教えを請いたいと申し出ます。

他のユニットに頼り過ぎだと苦言をもらす晃牙ですが、楽器を好きになって貰えるのは嬉しいらしく、なんだかんだで引き受けてはくれるみたい。

でも、教えてくれるのはギター一択。

ギターに関する事だけは上機嫌で教えてくれる気満々な晃牙が可愛いですね。

そして、肝心の真緒はと言うと、今日は朝からずっと元気がなく今も机に突っ伏したまま。

スバルは腹踊りまで披露して、真緒を励まそうとするも真緒の反応は薄く、明らかにいつもの真緒じゃない様子に、みんな心配顔。

band5.jpg

でも真緒は大丈夫だから放っておいてくれとしか言いません。

その後も話を聞くと、真緒は凛月と喧嘩した事が原因で落ち込んでいた事が判明。

凛月との喧嘩は初めてで、凛月が怒っている理由もよく分からず、そのせいでモヤモヤしているみたい。

でも、真緒はあくまでも自分でどうにかするから、心配するなと言います。

忙しいなら音楽祭は不参加でもいいと言われるも、真緒だってTrickstarの一員であり、仲間外れはごめんです。

どうやら真緒はギターも弾けるらしく、その腕は晃牙もそこそこ認めるほど。

他も3人は、ほとんど楽器の経験はありません。

なので、音楽祭ではUNDEADのバックダンサーとして歌とダンスで盛り上げるのが、主な役目。

その為に、一同はUNDEADのリーダーである零に、参加の許可を貰いに行きます。

晃牙としては、自分達だけでもよかったのに、とバチバチ火花を飛ばしてきます。

どうやら音楽祭の枠が空いていたのは、他のユニットの参加を晃牙が認めないと我儘を言ったみたい。

でも気心の知れてるTrickstarならと、特別に許可をくれました。

そして、晃牙は凛月の事なら兄である零に相談すれば、何か分かるかもと助言もくれます。

なんだかんだ優しいですね、わんこは。

band6.jpg

軽音部部室に着くと、なぜかそこでは零が号泣中。

『お〜いおい』などと奇妙な泣き声に驚く一同。

入ってきたメンバーを見て、零は泣きながらでも、Trickstarが音楽祭に出演するつもりだと察します。

凄いんだか凄くないんだか…。

零に凛月の事について相談があると切り出す真緒ですが、零が泣いている理由も凛月に関する事だったらしく、逆に泣き言を聞かされてしまいます。

零は凛月が落ち込んでいるのを見つけて、励まそうと背後から抱き着いたみたい。

てっきり嫌がれて蹴りの1つでも飛んでくるかと思っていましたが、凛月は完全無表情で他人扱い。

塩対応通り越してのセメント対応とか、笑えますね。

band7.jpg

零は凛月には真緒しか友達がいないのだから、仲良くしてくれと泣きつきます。

そして、凛月の怒った理由を探る為、今朝の出来事を零に打ち明ける事に。

北斗は凛月に冷たくされて零に共感し、自分もおばあちゃんに同じ事をされたら窓から飛び降りると言い出します。

相変わらずのおばあちゃん子ぶりですね。

【あんスタイベネタバレ】『宵の宴♪バンドアンサンブル』ネタバレ(その3)へ続く



posted by あんスタ攻略 at 19:35 | 「宵の宴♪バンドアンサンブル」ネタバレ


人気記事

期間限定イベント(ネタバレ含む)

あんスタ「ホモ」「闇」関連

登場キャラ

あんスタ「グッズ」「コス」「オンリー」などイベント記事